韓国の豚料理

日本でも人気の高い韓国料理の中にも豚肉を使った定番料理が沢山あります。国内に韓国料理店が増えてきたこともあり本格的な韓国料理を食べる機会が増えてきていますが、韓国料理店などに行って目に付くのは豚肉とキムチを使った定番料理の種類が豊富なことです。キムチ・唐辛子・コチュジャンなどを使った料理と豚肉の相性は非常に良く、野菜を沢山食べることができるという点でも健康的なメニューが多くあります。ご飯のおかずにもぴったりなので、日本人の間では人気が高い韓国の豚肉料理を家庭でも楽しんでみましょう。

韓国の定番豚肉料理

韓国料理には豚肉を使ったものが沢山あります。韓国料理を食べに行って豚肉料理がない店はほとんど無いといってもいいかもしれません。韓国の一般家庭でも豚肉とキムチを使った料理は各家庭で少しずつ違った味に作られていることもあり、豚肉を使った料理が「お袋の味」になっている家庭も多いのではないでしょうか。豚肉とキムチは味だけでなく、豚肉に含まれる成分をキムチが引き出してくれるとも言われています。豚肉を使った韓国料理の定番として私たちにも馴染み深いものが、「デジカルビ」や「サムギョプサル」などの独特のタレに豚肉を漬け込んだ焼肉のような料理です。
韓国では、この「デジカルビ」や「サムギョプサル」を沢山のキムチやサンチェなどのたっぷりの野菜と一緒に食べます。そのた豚肉を沢山食べるのと同じくらいの野菜を食べるので意外とさっぱりと食べることができます。さらに、韓国には昔から色々な食材を使った薬膳料理が数多くあります。
韓国は気温が低くなることもあり、血行を良くし体が温まるような体に良い薬膳料理のようなメニューが多くありますが、豚肉に含まれるビタミンが脂肪の燃焼を助ける働きがあるため薬膳料理やスープなどにも定番の食材として頻繁に使われています。

「サムギョプサル」の作り方

サムギョプサルは、韓国でも定番の豚のばら肉を使った焼き肉のことです。豚肉のばら肉を使うのですが、日本でも豚バラ肉のことを「三枚肉」などと呼ぶことがあります。「サム・ギョプ・サル」は「三・層・肉」という意味ですから、豚ばら肉を使った料理ということがわかります。日本でも有名な韓国の焼肉「プルコギ」や「デジカルビ」より古くから食べられている焼肉ですがプルコギやデジカルビの方が日本では知名度が高いようです。家に大勢人が集まった時に本格的なサムギョプサルをみんなでわいわい言いながら食べるのはいかがでしょうか。

サムギョプサルレシピ・材料

●豚バラ肉:400g ●青唐辛子:2〜3本 ●エゴマの葉:適量 ●サンチェ:適量
●にんにく:1片 ●ねぎ:1本 ●もやし:1袋 ●コチュジャン:50g ●ごま油:適量

サムギョプサルのタレ

◆テジャン:大さじ2 ◆コチュジャン:大さじ1 ◆サケ:大さじ1 ◆小口ねぎ:1束
◆にんにく:1片 ◆生姜:少々 ◆白ゴマ・ごま油:少々

サムギョプサルレシピ・作り方

1豚ばら肉は少し厚めに切ります。塩・コショウ・コチュジャン・摩り下ろしたにんにくを少量まぶして下味をつけておくと良いでしょう。青唐辛子は輪切りにして、ねぎは細きりにします。

2サムギョプサルのタレの材料で、ねぎ・にんにく・生姜は細かく刻み残りの調味料を合わせたところに加えます。1日くらい寝かせるとねぎのうまみが出るので、前の日の晩に作っておくとより美味しくなります。

3サムギョプサル用の鍋で表面がかりっとなる程度に焼けたら、サンチュに豚ばら肉を乗せ、お好みの野菜とサムギョプサルのタレをつけたり巻き込んだりして食べます。

サムギョプサルを美味しく食べるポイント

脂身の多い豚ばら肉から余計な脂を落とすために、ジンギスカン鍋に似た鍋をひっくり返したような形の鉄板を使って焼きます。脂を落として焼くので豚肉の表面がややカリカリになるように焼くのが特徴です。

韓国定番豚肉料理「豚キムチ」の作り方

日本でも大人気の韓国の豚肉料理といえば、このブタキムチですよね。韓国では「キムチポッカ」「キムチポックム」などと呼ばれています。使うキムチによっても味が違ってきますので、韓国では各家庭のキムチの味がその家の豚キムチの味、といってもいいでしょう。キムチ・豚肉・白菜・にらがあれば誰でも簡単に作ることができますが、コチュジャンやごま油を使って火と手間加えるだけでおいしい韓国豚キムチが作れます。

簡単! 豚キムチレシピ・材料

●豚バラ肉(さっぱり作りたいときにはモモ肉で):200g ●白菜キムチ:300g
●豆もやし:1袋 ●にら:100g

豚キムチのタレ(ヤンニョンジャン)

◆コチュジャン:大さじ2 ◆にんにく:1片 ◆ごま油:少々 ◆醤油:小さじ2
◆蜂蜜:小さじ1 ◆すりゴマ:少々

簡単! 豚キムチレシピ・作り方

1豚肉は食べやすい大きさにカットしてばらばらになるように軽くほぐしておきます。豚肉の大きさに合わせて白菜キムチ・にらもカットします。

2にんにくをすりおろして豚キムチのタレの材料を合わせます。よく練り合わせたら、塩・コショウで味を調えると良いでしょう。

3フライパンにごま油をひいて、豚肉をいためます。色が変わってきたら合わせた豚キムチのタレを加え、混ぜながら豆もやしを入れていためます。豚肉ともやしに火が通ったらキムチとにらを入れてさらに全体にタレが絡まるように炒めていきます。にらとキムチに火が通ったら完成です。

韓国豚キムチのポイント

キムチの汁を利用してキムチだけの味で豚キムチを作ってもさっぱりと美味しく食べることができます。また、キムチがやや熟成してすっぱくなっている場合は、豚キムチのタレに加える蜂蜜の量を多くすると酸味が和らぎコクも出ます。辛さが苦手な方は白菜キムチ以外のキムチを使って白菜を別に加えたり、キャベツを使って作ると辛さの控えめな豚キムチを作ることができます。


ページ先頭に戻る