世界の定番豚肉料理

豚肉はビタミンも豊富で手ごろな値段で買うことができる私たちには馴染み深い食材です。日本でも一般的な家庭的な料理から、なかなか食べることのできないようなレストランや料亭などの高級料理にも豚肉は使われています。日本だけではなく、世界中で食べられることの多い豚肉料理ですが、日本には日本の豚肉料理があるように、それぞれの国に特徴のある豚肉料理が存在しています。世界中にある豚肉をおいしく食べるために工夫された調理方法をちょっとのぞいて見ましょう。自分でも簡単に作れるものも沢山ありますから、豚肉料理で世界の国々の雰囲気を味わってみるのも楽しいですね。

豚肉料理の特徴

豚肉は、世界で消費されている食肉のうち50〜60%程度も占めるほど消費量の多い食材です。世界中の国々ではその国の気候や風習などに合わせて色々な豚肉料理が作られていて、普段身近にある豚肉の調理方法から、国々の特徴をも垣間見ることができます。
豚肉にはビタミンが牛肉より豊富に含まれていることは良く知られています。また、豚肉に含まれる脂は人間の体温に近い36度前後の温度で溶けるため、体にも優しい食肉としても日常的に使われる代表的な食肉のひとつです。豚肉はほかの肉に比べてクセや臭みが少なく、牛や鶏といったほかの動物の肉と一緒に調理されることも多くあり手豚肉を使った定番料理の数も大変多くあります。欧米の豚料理の中で代表的なものとしては、ハンバーグやミートローフなどではないでしょうか。また、塩漬けや燻製に加工して長期保存できるようにした豚肉を色々な料理に利用したりそのままで食べたりと食べ方も様々です。

豚肉を使った料理について

豚肉が世界中の料理に使われているのには、豚肉にクセやにおいが少ないことでどんな料理使っても使いやすいということがあると思います。そのため豚肉の調理方法や料理の種類の幅もどんどん広がって行ったのではないでしょうか。

世界の豚肉料理と加工品

豚肉は塩漬けや燻製などといった方法で加工されているものが沢山あります。なかでも定番の豚肉の加工品といえば、豚の腸詰めでハムやソーセージが最もよく知られています。特に白ソーセージやミュンヘナーといったソーセージで有名な国はドイツで、ドイツではソーセージのことを「ヴルスト」といいます。ハムやソーセージなどは、豚肉と一緒にハーブやスパイスを練りこんで作られていて国によって少しずつ味の違った特徴あるソーセージが作られています。欧米ではこの豚肉の加工品がサンドウィッチ・オードブル・サラダ・パスタなどの色々な料理に利用されています。こうしてみるとソーセージやハムなどは、欧米で作られた豚肉の加工品のようなイメージがありますよね。しかし、もともと羊の腸を利用した豚肉の腸詰はドイツやウィーンなどの欧米で作られるより以前から作られ食べられてきましたので、中国には豚肉の加工品を利用した中華料理がたくさんあります。最近では中国の金華豚を使った金華ハムが有名になってきたので、知っている方も多いと思います。こういった燻製や塩漬けになっている豚肉の加工品は保存食としても重宝されますし生の豚肉を調理して使うより手軽に料理に利用されています。

世界共通の豚肉定番料理

日本でも豚肉を使って色々な料理が作られていますが、豚肉に愛称の良い白菜やたまねぎ、アスパラガスなどの野菜を使った豚肉料理も多くあります。同じように豚肉と野菜を使った料理の名前や味が違っていてもレシピや作り方があまり変わらないという定番料理もあります。ポークジンジャーと日本の豚肉の生姜焼きや、中国の塩豚と呼ばれる豚の塩漬け肉とパンチェッタなどはどれも豚肉を使った定番料理ですが国によって使われかたや味の特徴が違っていますよね。豚肉を使った料理は食べやすく、違う国の料理でもちょとアレンジを加えるだけで、ほかの国の人にも馴染みやすい味にして調理されていくことも多いようです。そうやって、ひとつの豚肉料理のレシピが世界中の色々な国で広まって、その国の定番豚肉料理になっているとも考えられるのではないでしょうか。また、日本では一般的な料理で豚肉を大きなブロックのまま使うことは少なく、大きいものと言ってもとんかつ・角煮・チャーシュー程度です。しかし、世界の国々では大きな塊のままの豚肉を野菜やハーブと一緒にオーブンで焼いたり鍋で煮込んだりして、食べる直前にテーブルで切り分けたり調理している途中で食べごろになったところから切り取ってとって食べる料理が豚肉の定番料理となっている国も多くあります。また、中国では豚肉を調理する際に蒸して料理に使う調理方法が使われる定番料理も多くあります。同じ豚肉でも、食べ方や食事の習慣や文化の違いから、定番料理にも様々な特徴を見ることができます。


ページ先頭に戻る